, About Kitakyushu, Event Reports

「美味しいコーヒーはどれ?」イベントレポート

こんにちは。ATOMicaスタッフ・やまもとです。

先日、ATOMica北九州のご利用者様ならどなたでも参加いただける
コーヒーの飲み比べ会を実施しました!

「ATOMicaで販売するコーヒーについて、直接ユーザーの方に聞く」という趣旨はありつつ、「ぶっちゃけインスタントとドリップバッグとコーヒーメイカーってどんだけ違うのん?」という疑問を実際に体感できる、コーヒー好き垂涎のイベントでした!

準備したのは5種類(+α)!

インスタントコーヒー、ドリップバッグの、それぞれお手頃なものと高級感のあるもの。そして、ネスカフェアンバサダーの出張デモに来ていただきました!(写真を撮っていない、痛恨のミス…!)

それでは早速、それぞれの紹介に移りましょう。

【インスタントコーヒー部門】

(ワークデザインコーヒーHPより / https://wdc.agf.jp/)

お手頃なインスタントコーヒーとして、面白いプロダクトを見つけたのでチョイスしました!

こちらの”「働く」をデザインするコーヒー”は、「ながら」「あいま」「いきぬき」の3つがあり、仕事中のそれぞれのシーンに合わせたブレンドになっています。

本当は全種類揃えたかったのですが、予算的に断念し「あいま」のみの試飲です。世知辛いですね。

実際に飲まれた方の感想は「飲みやすい」!

1杯あたりの単価も20円と、コスパ最強コーヒーでした。

さらに面白いのは、それぞれのコーヒーや気分に合わせた音楽のプレイリストがついていること。

「味」「仕事内容」「働きたい場所」を選ぶと、自動でプレイリストを生成してくれます。

個人的にはこの 音楽 × 環境音 のBGM がめちゃくちゃ心地よかったです。

いくつかの質問に答えていくと、プレイリストを作成してくれる。

https://wdc.agf.jp/music/ キャンプ場で仕事したい人生でした。

続いては、高級感のあるインスタントコーヒー、INIC coffee です。
パッケージが洒落てますね。

(INIC coffee HPより/ https://www.inic-market.com/)

書籍みたいなパッケージが可愛い。他のブレンドも揃えたくなります

コーヒー好きな人へのプレゼントにもよく選ばれているそうです。

こちらのブランドでは、お茶請けならぬコーヒー請けを販売したり、コーヒーの世界観を大切にしたパッケージをデザインするなど、コーヒーと共にある時間をより特別にするというこだわりが見受けられます。

HPでは、コーヒーをより楽しむためのコンテンツも提供されていました。

パッケージを開けた瞬間から、引き立てコーヒー豆のような良い香りが立ちのぼりました。

粉がとてもサラサラで、それだけで気持ちが良いです。

「ワークデザインコーヒーよりもしっかりとコーヒーの香りがするけど、飲みやすい」と好評でした。

1杯 ¥100と、インスタントにしてはなかなか良いお値段ですが、「カフェでコーヒー飲むことを思えば」安く感じてくれる人が多かったです。

【ドリップバッグ部門】

(カルディ公式通販 / https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4515996090004

10個入って¥500足らずなんて、ちょっと安くないか?

お次はお手軽価格のドリップバッグ。
スタッフおぐらのオススメで購入してみました。

定番カルディのマイルドブレンドです。

やまもとは普段コーヒーを飲まないので相場がわからないのですが、ドリップバッグで1つ¥50 はすごく安いのではないでしょうか?

今回いろんなコーヒーを入れましたが、定番ドリップバッグが一番淹れていて楽しかったです。

仕事の合間に気分を変えるには、やはりドリップバッグが
最適かもしれないです。

(カルディ公式通販 / https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4515996090004

味の方は、「酸味がしっかりしている」とのこと。
ミルクで割って美味しいやつですね。

この機会にドリップできる電気ケトルを導入したので
お気に入りの一杯で、ぜひ贅沢なコーヒータイムを過ごしてみてくださいね!

高級感のコーヒーバッグは、有名どころ「猿田彦」の猿田彦珈琲!(といっても、コーヒーについて調べるまで、自分は聞いたことがなかったのですが。)

猿田彦オンラインストア / https://shop.sarutahiko.co/ 

こちらはなんと、ティーバッグならぬコーヒーバッグ。
珍しさでつい買ってしまいました!淹れ方は簡単。温めたマグカップにコーヒーバッグを入れ、お湯を入れたら蓋をして4分蒸らすだけ。淹れ方も紅茶チックで優雅さを感じますね。

猿田彦オンラインストア / https://shop.sarutahiko.co/ 

しかし、ここに誤算が。ATOMicaで普段利用しているのは紙コップ。
保温断熱機能はゼロ。蓋もあるはずはなく、紙コップを逆さまに被せる始末。

通常想定されているであろう温度より15℃ほど低い温度で抽出されたコーヒーは、「お茶みたいで、美味しい!」と言われてしまいました(もともとあっさり系の味だったようです)。

いつかリベンジしたい気持ちを胸に燻らせつつ、あまり高級なコーヒーは安っぽいアメニティで淹れるのはもったいないんだな
ということを学びました…(撃沈)。

【コーヒーメイカー】

さて、最後はネスカフェアンバサダーのドルチェグスト。どことなくザクに似ているフォルムは、懐かしさを感じます。

Nestle 公式オンラインショップ / https://shop.nestle.jp/front/contents/machine/ndg/spot/genioi/ 

こちらは出張デモでネスカフェの人が準備してくださいました。
こちらがなかなかの強敵(?)で、バリエーションの多さに参加者をメロメロにしてしまいました。甘い系の飲み物はズルい!(いろいろ持ってきてくださり、ありがとうございます。)

レパートリーが、Starbucksコラボやラテ、抹茶まで
とても幅広いのが魅力です!

さて、これまで幅広いレパートリーのコーヒーをご覧いただきましたが
気になったものはあったでしょうか。

ここから、どのコーヒーがATOMicaに導入されるのか
期待してお待ちください。

それでは、試飲に参加してくださった13名のみなさま
ありがとうございました〜!

また、様々なイベントを企画して参りますので
どうぞよろしくお願いいたします。

北九州のコワーキングスペース
ATOMicaでは
新規会員様を募集しております!

お問い合わせはこちらからどうぞ♪

Close Bitnami banner
Bitnami